スポンサーリンク

来年の仕事を左右する!?フリーランスが年末にやっておくべきこと【3STEPで解説】

フリーランスの基礎知識

フリーランスや個人事業主にとって、12月は「来年の仕事をどうするか」を決める大切な時期です。新年からスピード感をもって仕事を進めていくには、今年1年を振り返り、来年の目標を定める必要があります。

本記事では、来年スタートダッシュを決めるためにやっておくべきことを3STEPで紹介します。目標を達成するには、地味な作業や下準備が大切です。面倒だと思わずに、一つ一つ丁寧に振り返ってみましょう。こちらで紹介するのはあくまで一例ですが、何かのヒントになれば幸いです。

<12月中に最低限やっておくべき業務を4つご紹介しています。時間のない方はこちらだけでもやっておきましょう。>

<お盆や年末に入る前には、取引先様への連絡が必須!具体的な連絡の仕方について解説しています。>

STEP1【今年を振り返る】

今年1年、どんな仕事をしましたか?仕事の内容や仕上がりに満足していますか?来年の方針を決める前に、今年の仕事を振り返ってみましょう。振り返ることで、今の自分に必要なものや足りないものが見えてきます。

売り上げや仕事の数

まず、わかりやすく数字で1年を振り返ります。

年間の売り上げ目標を立てている方も多いでしょう。月々の売り上げの推移や仕事の数、受注のペースなど、さまざまな角度から結果を確認します。達成できたところ・達成できなかったところを簡単にまとめておくと、来年の目標を決めるのに役立ちます。

仕事の内容

数字で1年を振り返ったら、今度は内容にフォーカスします。

  • 今年一番印象に残った仕事はどんな仕事か
  • 希望する仕事ができたか
  • 仕事の仕上がりに満足してもらえたか

よくできた点や失敗した点、楽しかったことやつらかったことなど、さまざまなことが思い出されるはずです。ここで大切なのは「学びとなった経験」を把握すること。体験して初めてわかることもあります。次に生かせる学びをメモしておきましょう。

目標を再確認

今年立てた目標は、今も変わっていませんか?大きなビジョンや方針に変更はありませんか?また、ライフ・ワーク・バランスは崩れていませんか?

仕事をしているうちに、自分に合った道が見つかることもあります。最初に立てた目標と自分が思い描く理想像がかけ離れてしまった場合は、軌道修正が必要です。目標が今の自分にも合ったものなのか、再確認しておきましょう。

振り返るときの注意点

1年の振り返りは、できなかったことや失敗にばかり目を向けないことが大切です。反省しすぎるのは、モチベーションを下げる要因となります。客観的に見て、上手にできたことや良かったことは、きちんと褒めてあげましょう。

たまには大げさに喜んでみるのも、モチベーションアップに効果的だよ!

STEP2【理由と対策を考える】

1年を総合的に振り返ったら、理由と対策を考えます。例えば、売り上げが伸びなかったのはなぜかを考えた時、次のような理由が考えられます。

  • 営業がうまくいかず、仕事が獲得できなかった
  • 単価の低い仕事が多かった
  • 一つの仕事に時間がかかり過ぎた
  • 仕事に集中できず、複数の仕事を並行して進められない

売り上げが伸びないという結果は同じでも、理由はさまざま。営業方法を変えるのが良いのか、仕事の効率を上げる工夫をすべきか、対策を冷静に考えてみましょう。

特に、複数の仕事を抱えているわけでもないのに、なぜかいつも時間がない方は要注意。時間の使い方を見直す時です。下記の記事を参考に、ぜひ「時間の棚卸」をしてみてください。自分に合った時間の使い方をすれば、今よりもずっと仕事がしやすくなるはずです。

また、できなかった理由ばかりでなく、うまくできた理由についても考えてみましょう。

  • 新しいツールが使いやすかった
  • 作業の順番を入れ替えたら早くできた
  • 念のためクライアントに確認しておいて良かった
  • スケジュールの管理方法を変えた

うまくできたことは来年以降も継続して行い、適宜ブラッシュアップしていくと良いですね。

STEP3【来年の目標を決める】

結果とその理由が確認できたら、STEP2で考えた対策をもとに来年度の目標を決めます。

売り上げや仕事の数

今年の売り上げが目標達成できたかどうか、来年仕事に使える時間や労力などを考え、無理のない目標額を設定します。目標設定が高いほどモチベーションが上がる!という方は、高額に設定してもOKです。売り上げ目標に関しては、個人の性格によるところも大きいので、それぞれに合わせてください。

筆者の場合、売上額よりも仕事の本数で目標を定める方が好きです。売上額に集中するとなぜかうまくいかないことが多く、去年からは売り上げ目標は「大体これくらい」と設定しています。

仕事の内容

フリーランスは、好きなことや得意なことでお金を稼ぐのが最も効率が良い!苦手な仕事や嫌いな業務は、思い切ってやらないことにしましょう。

苦手なクライアントとの取引を見直すことも大切です。次につながる場合や、長期目線でメリットがある場合にのみ引き受けるようにすれば、得意な仕事に時間を使えます。ストレスも最小限で済むため、結果として収入アップにつながる可能性も。

フランクルではフリーランス同士でチームを組み、得意な仕事だけ担当しています。みんな生き生きと仕事をしていますよ。

また、好きなことや得意なことが複数あれば、別のジャンルに挑戦してみるのも良い方法です。収入の柱がいくつかあれば、収入減のリスクも抑えられます。今メインに行っている仕事を高単価で受注するために、勉強をしたり資格を取ったりするのも良いでしょう。

今年の振り返りがしっかりとできていれば、来年進むべき道が見えてくるはず。どんな仕事で稼ぎたいか、そのためには何をすべきか、逃げずに自分と向き合うことが大切です。

目標を書き出す

売り上げや仕事の数、仕事の内容をもとに、目標を書き出します。手帳に書いたり、スケジュールアプリやスマホに入力したりするなど、すぐに確認できるようにしておきましょう。

これからの1年、悩んだり落ち込んだりすることもあるはずです。頑張る元気がなくなってしまった時や、どうしたらよいかわからなくなった時は、その都度目標を確認してください。なぜその目標を設定したのか思い出すことは、モチベーション維持につながります。

自分のやる気をコントロールする助けになるよ!

目標を決める上での注意点

来年の目標を決める上で重要なのは、あくまで自分の基準で決めることです。

知人はもっと稼いでいるから‥‥‥。
2年目はこれくらいできて当然と言われたから‥‥‥。

こんな気持ちは捨ててしまいましょう。周りの雑音に惑わされず、自分にとって最適な目標を設定してください。大きな目標(1年の目標)と小さな目標(2~3ヵ月でやるべきこと)を設定すると、ゲーム感覚で楽しく努力できます。

また、年度の途中で将来のビジョンが変わったときや、自分を取り巻く環境に変化があった場合は、適宜修正しましょう。目標は、自分が望む未来へ行くための指針にすぎません。柔軟に対応する必要があります。

自信をもって進んでいこう

筆者は個人事業主になって4度目の年末を迎えますが、本記事で紹介した方法を実践し続けています。その結果、毎年少しずつステップアップすることができ、収入も徐々に増えてきました。(本当に少しずつですが‥‥‥。)

フリーランスになったばかりの方や、なかなか仕事が見つからない方は、ぜひこの3STEPを試してみてください。結果には、必ず理由があります。成功や失敗の理由を見つけ出し、次に生かすことがフリーランスを続けるコツです。来年も元気に頑張りましょう!

この記事を書いた人
プロフィール
Fusae

☺FrankuLメンバー。(https://frankul.net/crew/saito/) 
☺美容や食、Webや不動産など、幅広い分野の執筆経験あり。薬機法関連の記事やSEO記事も多数納品しています。
☺興味のあることはなんでもやってみたい人。
☺ホットヨガにはまっています。

フォローはこちらから
フリーランスの基礎知識
よかったらシェアしてね
フォローはこちらから
FrankuLOG|フリーランスのための羅針盤ブログ
タイトルとURLをコピーしました